ここが知りたい!各種メーカー、ソーラーパネル部門別比較

ソーラーパネル 公称最大出力比較 発電量 部門

同じ面積のソーラーパネルなら、phm09_0487-s.jpg
より発電量の多いパネルを取り付けたいもの。
ただ、発電量の多いソーラーパネルは、
値段も高めになるので、
そのへん兼ね合いは、よく考える必要ありです。


ここでは、発電量に直結する
公称最大出力を
比較してみたいと思います。


(各メーカーのパネルの中でもっとも
公称最大出力の高いソーラーパネルを抜き出した比較です。)



●公称最大出力 260W


長州産業
単結晶Cシリーズ CS-260C11
モジュール変換効率15.9%
¥177,450(税込)


●公称最大出力 255W


サンテックパワー
サンクリスタルWd STP255S-20/Wd
モジュール変換効率 15.7%
¥160,650円(税込)


●公称最大出力 240W


パナソニック
HIT240シリーズ 単結晶系ハイブリッド型
モジュール変換効率18.7%
¥182,700円(税込)


東芝
SPR-240NE-WHT-J 単結晶
モジュール変換効率19.3%
¥176,400円(税込)


カナディアン・ソーラー
CS6P-240P 多結晶
モジュール変換効率 14.92%


●公称最大出力 212W


三菱電機
PV-MA2120J
モジュール変換効率14.9%
¥142,485円(税込)


●公称最大出力 195W


シャープ
NQ-195AA 単結晶
モジュール変換効率16.9%
¥109,830円(税込)


京セラ
KJ195P-3CRCE ベーシックな傾斜屋根用
太陽電池モジュールの
セル面積あたりの交換効率16.6%
¥97,650円(税込)


陸屋根用では、
公称最大出力 240Wの
KS240P-3CF2CEがあります。


●公称最大出力 160W


ソーラーフロンティア
SF160-S
CIS太陽電池
販売価格: オープン



パッと見て
ソーラーフロンティア
160W低いですが、
他社の結晶シリコン系太陽電池と
素材が違います。


CIS太陽電池といわれるもので、
高温時の出力ロスが少なく、
影の影響も少ないソーラーパネルになっています。


一概に、公称最大出力だけで、
比較はできませんが、
技術力の参考にしてみてください。


関連記事
単結晶シリコン 多結晶シリコンの違い理解しておこう
前の記事
ソーラーパネル メーカー希望売り価格 部門
次の記事
ソーラーパネル デザイン 部門



↓相場価格を調べるならココ


太陽光発電

香水